ナマステ 杜魚

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨年2月青海チベット鉄道の旅の写真をご紹介します

<<   作成日時 : 2008/04/29 21:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 順序が前後しましたが青海チベット鉄道で西寧からラサまで行った時の写真を掲載しました。
チベットが今年こんな状態になるとは思いませんでした。今は外国の人は旅行が出来ない状態ですので、その時の想い出の写真をご紹介しました。チベットのラサの人たちも親しみの持てる素朴でいい人ばかりでした。50年、60年前の日本はちょうどそんなだったと思います。
画像
 青海チベット鉄道
画像

画像

画像

画像

画像

画像
 野ろばの群れ
画像

画像
チベット高原(4000m)のヤク
画像

画像

画像
 凍てつく大河
画像

画像

画像
 ポタラ宮殿
画像

画像

画像
 ちょうど旧正月で皆着飾っていた
画像
 マニ車
画像
 五体倒地


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
杜さん こんにちは
杜さんのサークルでのチベットの写真を拝見して、昔読んだ”チベット旅行記:河口慧海著、講談社学芸文庫)を引っ張り出していました。
仏教の原典を求めて当時(明治時代)鎖国をしいていたチベットにヒマラヤ超えで潜入、医者として住民に溶けこみながら仏教を学んだという河口慧海という先人の探検物語です。
この本を読んでチベットに惹かれましたが、今になってはとても適わぬ夢となってしまいました。
杜さんのBlogを見せて頂きながら慧海の足跡を思い感慨に耽っております。
ありがとうございました。
500字を超えると警告が出るようですので、一旦切ります。
s-jor1939
2008/05/03 15:43
それから、写真の事ですが、サークルは後続の者としてはわかりにくいところがありますので、ここでお話しさせて頂きます。
写真は素人です。銀塩カメラノ時代からニコンを使っておりましたので、デジタルもニコンのD70sを使い始めました。
指導なんてとんでもないですが、ただ一つ、スポット測光を勉強中です。
鈴木一雄著「風景写真の極意:日本写真企画」を読みながら試行錯誤をしています。もし、ご存じなら失礼ですが、風景にはスポット測光は有効だと実感し始めています。
これからもスポット的に感想など交換できたら嬉しいです。
よろしくお願い致します。
s-jor1939
2008/05/03 15:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
昨年2月青海チベット鉄道の旅の写真をご紹介します ナマステ 杜魚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる